読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像のじかん

あとちょっとだけ想像力をはたらかせると、もっとすてきなセカイになる。かも。

マイブーム

 

 

 

さっき初めて知りましたが、マイブームってみうらじゅんさんの造語だったんですね。

 

 

さて。

ワタシは江戸川乱歩が大好きですが、

最近は、もしかするとそれ以上に好きかも、な作家が出来ました。

 

夢野久作です。

もちろん前から知っているし好きだし読んでいたのですが、

ここ最近、いっときの乱歩ブームと同じく、毎日のようにちょこちょこ読んでます。

 

もちろん、乱歩さんも好きです。

乱歩さんの場合は彼そのものに興味があります。

なので、殿堂入りです。

 

さて、

久作さんの小説。

登場する人間そのものが非常に興味深い。

おそらく、独白型だったり書簡形式の文体にその理由があると思われますが、

出てくる人自体が面白いのです。

まあ、ストーリーもかなりシュールで好きです。

 

でも、読み進めていくうちにただの不思議小説ではない

というのもいくつかありました。

 

そのうちのひとつ、

「犬神博士」

視点が変わることによって、いろんな見え方があるぞ、

と教えてくれるお話です。

主人公のチイがちょっと小憎(こにく)らしいのだけど、

自分の感じたことにとても正直で、

特にマスコミの一方的な情報を鵜呑みにしがちな現代なんかには

必要な感覚だなあ、と考えさせられたり。

・・・こうやって感想を書くとすごく真面目な固いお話に聞こえますが

結構すごいストーリーです。なにがすごいって言いづらいですが。

 

 

ぜひ、興味のある方は読んでみてくださいまし。

乱歩さん同様、映像化させるには非常に難しいタイプのお話が山盛りです。

 

 

 

広告を非表示にする