想像のじかん

あとちょっとだけ想像力をはたらかせると、もっとすてきなセカイになる。かも。

岩盤よが

初めて、ヨガというものを体験してみました。

しかも岩盤浴するところで。

 

ちなみに、ワタシはサウナが苦手です。

呼吸する空気があついの、嫌いなもんで。

なのになぜか岩盤ヨガ。

いや、なんか普通にヨガやるよりも一石二鳥的な響きに惹かれましてね。

 

やってみた結果。

やっぱ、あつい空気は苦手です。。。

でも、あの尋常じゃない汗の出方がなんか快感で、

終わった後のスッキリ感もまた格別。

そしてなんといってもインストラクターのおねえさんがめっちゃカワイイ。

かっこいいおにいさんを見るよりも、

きれいなおねえさんを見るほうが好きなのです。

鑑賞する対象として女性のほうが非常にポイント高いです。

絵を描くのも女性のほうが好きですし。

 

 

さて。

ヨガは前からやりたいやりたいと思っていてでも自分ひとりじゃポーズわかんないし

と、前々からの課題というかやりたいことリストから延々と外れなかったヤツでして。

 

このヨガ、イメージする力が非常に重要だと思いました。

呼吸するにも「上から頭を引っ張られる感じで」とか、

「背骨の一個一個を積み重ねていくように」とか、

この言葉を聴きながら(イメージしながら)行うのと、

淡々と型どおりにポーズをとるのとでは違うだろうなあ、と。

しかもこのイメージをしていくと、自分の世界に入れるから

集中力が高まるときたものです。いいことだらけです。

 

しかし、いかに普段筋肉を使っていないか、しみじみと感じたのでした。。

 

 

 

広告を非表示にする