読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像のじかん

あとちょっとだけ想像力をはたらかせると、もっとすてきなセカイになる。かも。

ライブペインティング at すくらむ21。

f:id:ak-truth:20130629160347j:plain

 

人生初、ライブペインティング。

なんとか無事に終了しました。

ライブマーケットにご来場くださった皆様、

すくらむ21の皆様、

ライブマーケットステーションの皆々様、

本当にありがとうございました!

 

 

いやー、久しぶりに集中しすぎてその後の脱力感がすごかったです。

人って、集中すると本当にお腹もすかないし喉も渇かないし足も疲れないのですな。

 

真っ白な画面だと描きづらいだろうから、と思い、

前段階として真ん中のタマゴみたいな円形を描いて

適当にその中を線で分割して

周りには丸を適当に描いて。

で、当日はなんとなく10:30くらいから描き始め、

それを見て興味を示した子供たちも一緒に参加して、

後ろで見守っている親御さんも巻き込んで色塗りしてもらい、

それを見ていろんな人たちが入れ代わり立ち代わり参加しはじめて。

結局何人くらいの方が参加してくださったのかは不明ですが、

そんな皆様の想像力が集まった作品です。

 

最初はこんな感じにみんなに描いてもらって、

そして自分はこの辺に描いて仕上げて、なんて

計画のようなものを頭に描いていたのだけれど、

みんなの手が加わっていくうちに、

ああ、そんなものは必要ないんだな

というか

これって、自分を試されてるんだな

というような

こりゃ大変な仕事を引き受けてしまってたんだな 汗

みたいな

でも

こんな楽しいことがあったのか

という発見とか

みんなに自分がいろいろ勉強させてもらってる

というようないろんな感情というか

ああ、でもこういうことは後で感じたのかな

 

考えてる暇なんかないくらい感覚同士の会話を画面でしてました。

ほんとに、画面大きいのに(縦2m×横3.7m)近いから全体が見づらくて

いつもの制作スタイルとは間逆の方式だったものだから

15時過ぎて脱力してしばらくスタッフの方々とお話した後

ふと画面を見直したら

え、なんかすごい作品ができあがっているんですけど

みたいな他人視線で初めて作品を観れて

すごく感動してしまった、という。

 

自分ひとりだったら絶対に出来なかった絵・制作。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

しばらく(どの位かは不明)はこのまま作品がすくらむ21でご覧になれます。

近くにお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

作品の上の「トイレはこのうら」が、ちょっとしたエッセンスになってます 笑

 

 

 

 

おまけ:

前日、作業の合間にちょっと描いてみた。

 

f:id:ak-truth:20130629154717j:plain

 

これも、キットパス

キットパスって、すごく可能性のある画材だと思います。

日本理化学工業さま、本当にお世話になりました。