想像のじかん

あとちょっとだけ想像力をはたらかせると、もっとすてきなセカイになる。かも。

扇絵 at 宝生能楽堂

ライブペインティングをやった同じ日。

水道橋は宝生能楽堂にて、扇絵が展示されました。

 

f:id:ak-truth:20130629145132j:plain

 

これは、和の会主催 宝生流能楽公演「体感する能 葵上」の公演会場ロビーにて、

去る5月25日・26日に行われた同会主催「朗読能 葵上」の背景としてスクリーンに

投影させた扇絵の実物を展示したものです。

背景に絵巻物を想わせる和紙を置き、そこに源氏物語の登場人物と

今回の話に重要な場面となる「車争い」の作品をちりばめました。

ご来場者のみなさまにじっくりとご覧いただきたいこともあり、

作品は出来る限りガラスなどを隔てることなく直接観て頂けるようにしました。

結構間近でご覧いただけたのではないでしょうか。

作品そのものがあまり大きくないこともあり、

細かい部分は本当に近寄らないと観られないくらいの作品なもので。

いかがだったでしょうか。。。

 

 

今回は、溝の口に前日入りする必要があったワタシのために、

宝生さまの了解を得て、前々日に作品搬入させていただき、

なんと展示準備までお手伝いいただくという。

宝生さまをはじめ、能楽堂の皆様(というか出演者!)には

本当にお世話になりっぱなしでした。

 

で、当日は残念ながら伺うことが出来なかったため、

会場の雰囲気は拝見できなかったのですが、

来場された方のお話を伺う限りでは、かなりの盛況だったとか。

なおのこと、舞台を観れなかったことが悔やまれる。。。

 

で、扇絵については、

後日ウェブサイトのギャラリーに追加しますので、

ご来場になれなかった方も是非ご覧くださいまし。

 

こんな素敵なコラボレーション、またしたいわあ。

 

 

 

広告を非表示にする