想像のじかん

あとちょっとだけ想像力をはたらかせると、もっとすてきなセカイになる。かも。

HEAD ART

頭を使って表現する、というフォトコンテストに参加してみました。

頭を使う、と言っても、頭脳ではなく(ある意味使いますが)

頭部をメイン素材にして作品を創る、というユニークなコンテストです。

 

詳細はこちら

明石写真コンテスト

 

ということで、

出品に向けて、「ヒライバード」というチームを結成してみました。

メンバーは、

フォトグラファーの大久保雄介さん、

モデルに泰村香織さん、

そしてワタクシ、ホンマアキコでございます。

 

 

 

今回のお題は、「wave」。

各々のイメージを持ち寄り、今回制作したのはこちら。

 

f:id:ak-truth:20150801155151j:plain

「波紋」

 

 

f:id:ak-truth:20150902232257j:plain

「ハイブリッド・ウェーヴ」

 

 

それぞれの作品コメントは公式サイトにてご覧いただくとして、

作品が出来上がるまでの風景をざっくりと載せてみようと思います。

 

 

「波紋」。

何が大変だったかって、モデルの体勢でしょう。

背面水に浸かって長時間撮影に耐える、の巻。

 

f:id:ak-truth:20150801124421j:plain

まずはヘアピースをつけて超ロングヘアーにしてみた

 

 

f:id:ak-truth:20150801125803j:plain

まず、大まかな配置を確認して、

 

f:id:ak-truth:20150801145258j:plain

液体がジェル状になっちゃう、という粉末でお湯をプルプルにして、

 

f:id:ak-truth:20150801151632j:plain

モデル投入。

髪を希望の位置に配置します。

 

 

 

f:id:ak-truth:20150801152846j:plain

ここにお花も投入。

 

 

f:id:ak-truth:20150801141304j:plain

ちなみにお花はホンマ作です。

いい感じのが見つからなかったので手描きとなりました。

 

 

f:id:ak-truth:20150801154945j:plain

えーーー

 

 

 

そして、「ハイブリッド・ウェーヴ」。

こちらは、メイクに時間かかってました。

 

f:id:ak-truth:20150801182915j:plain

なぜ身体の周りが養生されているかというと、

絵の具を飛ばしている最中だからです。

 

絵の具、薄くしか見えませんが、

 

 

f:id:ak-truth:20150801193057j:plain

ブラックライトを当てるとこんな感じで浮かび上がります。

  

 

 

 

f:id:ak-truth:20150801205059j:plain

ということで、ブラックライトで記念撮影。

 

 

 このあと、デジタル加工などを経て、作品完成です。

 

 

テーマ・予算・制作期間などなど。

制約のある中であれやこれやとアイディアを出して創っていくのって、

大変だけど、その分大きな収穫も得られ、

そして何より、とにかく楽しい。

創る、ってつらいことも多々あれど、

純粋に楽しいのもアリじゃないかと。

そんなことを改めて感じられた作品創りでした。

 

 

これだけでチーム解散はもったいない。

ということで、また、創ります。

 

広告を非表示にする