想像のじかん

あとちょっとだけ想像力をはたらかせると、もっとすてきなセカイになる。かも。

2016年、年末のご挨拶。

なんだかんだでグダグダな年末の締めとなっております。

本当は、酉年だからトリの絵をアップするつもりだったんですけど完成間に合わず、

さらに、この文章は移動中の高速バスの中で書いてます。

グダグダ過ぎだーー( ´Д`)y━・~~


なので、同じトリ繋がりで、今年のライブペインティングで描いたトリの絵、

を描いている私の写真で年末のご挨拶。


今年は前半戦が結構タイトでした。

あっちやってコッチやって、その合間にこっちの準備やって、など。

今までが少しノンビリしすぎだったせいもありますが、

充実感は思いっきりありました。

苦しいけど楽しい、そんな前半戦。


比べて後半戦は、絵よりもヒライバードでのグループ活動が主だったので、

メンバーの性格もありますがゆるりとした感じでした。

来年はヒライバードの活動で、ようやっと東京でも展示出来そうです。

自分の描きたい世界を、二次元(絵)から三次元(写真)に変換して表現することは、

回り回って、最終的には絵の制作に還元出来る、ということも実感できました。

来年もこちらは意欲増し増しで、もっとやっていきたいです。


さて、来年の予定ですが、

まだもやっとした感じでちょこちょこ決まってきておりますが、

年明けてすぐにはないので、明けてしばらくして世の中も落ち着いた頃に告知出来るかと思います。

早くても4月が最初の展示になるかな、と思います。

その際は、ぜひご来場くださいね。



今年はいろんな初体験がありましたが、

中でも一番は、人前に出る、ということをようやっと始めた、ということでしょうか。

写真も出来たら写りたくないくらい、人前に顔を晒すのが苦手だった訳ですが、

いつまでもこのままじゃいかん、と一念発起。

未だに写真は苦手ですが、引き続き頑張ろうと思います。(頑張る程のことなんです、私には…)

キッカケを作って下さったピアノ・オルガン奏者の上畑正和さんをはじめ、会場となった経王寺さま、撮影や準備にご協力頂いた皆さま、何よりもご来場下さった皆さまには本当に感謝です。


もっと振り返りたい出来事はたくさんありますが、ただいま移動中のバスの中、

何が危険て、私は三半規管が弱いので、これ以上スマホ画面を見ていると、込み上げて来る予感がしますので…


今年も一年、ありがとうございました。

来年もまた、どこかで皆さまにお逢い出来ることを願って。



最近の高速バスは快適です。


ホンマアキコ


f:id:ak-truth:20161230223621j:plain


photo:川上靖雅